庭師の気合はハンパじゃない

「弟子」に関して、どのように感じているかな。「手品師」とは、常識的にはどんな感じで考えられているんだろう。べつに考察してみるわけじゃないんだけどね。

サイトメニュー

よく晴れた日曜の午前に料理を

いつものEくんがくれるE−MAILのなかみは、一体何が言いたいのかほとんどわからない。
お酒が入っててもノンアルコールでもよく理解不能だ。
しかし、E君が部署で考えたという、会社の商品とおすすめに関する文書を見た。
意味の通じる文章書いてる!とびっくりした。

月が見える火曜の日没はこっそりと
チカコの自宅のベランダにて育てているトマトは、可哀想なトマトかもしれない。
枯れる直前まで水分をあげなかったり、ワクワクしながらお茶を与えてみたり、コンソメスープをプレゼントしてみたり。
酔っぱらった私たちに、ウイスキーを飲まされたこともある。
ミニトマトの親である彼女は、こんど興味でトマトジュースを与えてみたいという。
もうミニトマトの心は全く無視。

気持ち良さそうに跳ねるあの人と冷たい雨

ひえしょうにかかってからは、若干しんどいけれど、どうしても真冬がいとおしい。
家の外が乾いているからか、カラッとした匂い、プラス、布団の心地よさ。
寒さの中の太陽って豪華な気がするし、レフを持って、冬の朝の海岸もいい感じ。
季節の空気を撮る場合は、レフもいいけれど、トイカメで思いっきり撮りまくる方が本当にかっこいいショットが発見できる。

ゆったりと熱弁する家族とわたし
じっと見てしまうくらい美人さんに出くわしたことがありますか?
私は一度見かけました。
バス内で同い年くらいの女性。
同性の自分ですが、ときめいてしまいました。
どれくらいお手入れをしているか、という本人の努力も関係すると思います。
しかし、それ以外で醸し出すオーラは絶対にありますよね。
この世界には素敵な人がたくさんいるんだなーと思いました。

笑顔で吠える姉ちゃんと俺

OLだったころに、なかなか退職するチャンスがやってこなかった。
どうしても辞めたかったわけではないから。
働く余裕がないのかもしれない。
なぜか、その日は、しっかり今月で辞職すると報告した。
そんな日に限って、普段すごく気難しいと思っていたKさんが、声をかけてきた。
話の中で、私の本心をふくむ事情を知らないKさんが「この仕事、しんどいよね。だけど君はもうちょい続くよ」といった。
色々あったので泣きそうになった。
考える事があって、その日の帰りに、採用担当に退職を撤回してもらった。

騒がしく吠えるあの子と草原
一つの体のほとんどは水分だという調査もあるので、水分摂取は人間の重要点です。
水分補給を欠かさず、一人一人が元気で楽しい季節を満喫したいですね。
輝く強い日差しの中より蝉の声が聞こえるこの時期、普段はそんなに出かけないという方でも外に出たくなるかもしれません。
すると、女の人だと紫外線対策に関して敏感な方が多いのではないでしょうか。
暑い時期のお肌のお手入れは夏が過ぎた頃に出てくるという位なので、やっぱり気にかけてしまう部分かもしれません。
やはり、誰もが気になっているのが水分摂取に関してです。
もちろん、普段から水の飲みすぎは、あまり良くないものの、暑い時期ばかりは例外の可能性もあります。
なぜならば、多く汗をかいて、知らないうちに水分が抜けていくからです。
外に出るときの自分自身の体調も影響するでしょう。
ひょっとすると、自分で気付かない間に軽度の脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
暑さ真っ只中の水分補給は、次の瞬間の体調に出るといっても言い過ぎではないかもしれないです。
短時間外へ出る時も、ちっちゃいものでかまわないので、水筒があったら非常に経済的です。
一つの体のほとんどは水分だという調査もあるので、水分摂取は人間の重要点です。
水分補給を欠かさず、一人一人が元気で楽しい季節を満喫したいですね。

よく晴れた祝日の夜明けはひっそりと

取り掛かったら、完成させるまでに時間を要するものが、日本中に多く存在している。
パッと思いつくのが、外国の言葉だろうとみている。
と思っていたが、隣国で使用される韓国語は、例外的で、日本語と語順が同じ、その上に発音がそっくりなので、身になりやすいそうだ。
昔、韓国語を勉強した明日香ちゃんは、英語よりはわりと身に付きやすいのでお勧めとの事。
ほんの少しテキスト買ってみようかな・・・と思ったけれど、どうしてもハングル文字は暗号にしか見えない。

悲しそうに体操する姉ちゃんとぬるいビール
学生時代、体の状態が悪い上に、栄養バランスの悪い食事と、眠りの時間帯が変だったので、シミが多かった。
嫌だなあと思い立って、生活習慣を改善することを誓い、美容にいい事をし続けようと情報収集をした。
そしたら推進されたのが、アセロラドリンクだ。
現在に至るまで毎晩飲んでいる。
れもんよりも肌に必要なビタミンCが多量に摂れると言う話だった。
コンディションと美しさは結局食事から出来上がるのかもしれない。

騒がしく踊る姉ちゃんと冷たい肉まん

オフィスで勤めていた時の先輩は、社長の娘で、誰が見てもセレブだった。
小さな体で明るくてテンションが高い、動物を愛する先輩。
動物愛護サークルなど立ち上げて、それなりにキャンペーンを行っている様子。
毛皮着ない、お肉食べない、動物実験反対。
ちょっと前に、ご実家に遊びに行ったことがあった。
高級住宅地にある背の高いマンションで、六本木ヒルズが見下ろせる場所。
その先輩、人懐っこくて上品なシャム猫と一緒に住んでいた。

雹が降った水曜の夜は微笑んで
元ブラックビスケッツのビビアン・スーは、美人で秀才で才能ある女性だと思う。
年齢が30代後半なんて、全然信じられない。
昔の話だけれど、印象に残っているのが、彼女が、アメリカ人からのインタビューにアンサーしていた姿。
まだ勉強している所みたいだったけれど目を引くくらい熱心だった。
今頃英語はもちろん日本語も、しっかり話せるんじゃないかとみている。
ビビアン・スーの素敵さは計り知れないくらいである。