庭師の気合はハンパじゃない

「カレー」は嫌い?好き?さまざま感じ方があるかもしれないけど、さほど悪くないよね、「アイスティー」。そうだよね?

サイトメニュー

気持ち良さそうに自転車をこぐ妹と季節はずれの雪

読書をすることは好きだけど、どんな本でも読むはずはない。
江國香織の小説にとても魅力を感じる。
非常に長いこと同じ作品を読み進めているほどだ。
ヒロインの梨果は、8年付き合った恋人の健吾と別れてしまうが、その引き金である華子とルームシェアするようになるという変わった内容だ。
ラストは驚きが大きく大胆な形だがそれを知ったうえで振り返ると「確かに、この終わり方はありえるかもしれないな」という感じがする。
との上、ワードチョイスや登場するミュージック、物など、魅力的。
ミリンダ一つにしても、かならず読み手が飲みたくなるよう書かれているし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽がでてくると私もCDをかけてしまう。
物の表現の方法が得意なのだろう。
それに、ピンクグレープフルーツそっくりの月、といった文がどこから浮かんでくるのだろう。
表現に引き込まれ、深夜に何回もおなじ江國香織の作品を読んでしまう。
お気に入りの作品との夜の時間が夜更かしの発端かもしれない。

暑い祝日の夕暮れはお酒を
ちかこが、自宅のベランダにて、トマトを作っている。
実ったらトマトケチャップを作ってみたいらしい。
彼女は、頻繁に水分をあげないし、ベランダでたばこを吸うので、ミニトマトの環境はあまり良くはない。
丸1日、水を与えていないという時期の、トマトの見てくれは、緑色の葉がしょぼんとしていて、まさにガッカリしているシルエットに激似だ。
可哀想になったので、水分をたっぷりあげると、翌日の早朝のトマトは生き生きと復活していた。

湿気の多い祝日の晩にひっそりと

漁港の近くに私たち家族は、暮らしているので、高波を親が心配してくれている。
特に大震災後は、海からどれくらい隔たっているのかとか丘は近くに存在するのかとか問いかけてくる。
妻と俺だって憂慮しているのだけど、しかし、たやすく条件のあう物件も見つかるわけではない。
しかしながら、本当に大津波がやってくるとなった際に逃走する道を思い定めておかないとと考える、しかし、堤防近くしか道がないので、ちゃんと考えたら危険だと思えた。

具合悪そうに大声を出す兄弟と突風
江國香織さんの物語に出てくるヒロインは、陰と陽を持っていると思う。
不倫を悪としない。
恋の一種ではあるが、運命的に好きなのは旦那さんだけのただ一人。
そんな女の人たちが多く見られるような気がします。
不倫を陰だとすれば、旦那さまは陽。
ふと、別の自分が入ったように陰が現れる。
結婚以外での恋愛に関する価値観は無視して、登場する女性をしっかりみつめる。
私の中に新しい恋や新たな価値観が登場することもたまにある。

陽の見えない週末の日没に散歩を

「富士には月見草がよく似合う」という名文を残したのは小説家の太宰治だ。
太宰治は、バスに乗車し、御坂山塊を越え、現在の甲府へ行く途中だった。
その時たまたま一緒になった老女が「あら、月見草」と独り言を言う。
それに、振り返った太宰治の目に入ったのが月見草、と、名峰富士であった。
富岳百景のこの部分は、日本一の名山を理解するときに欠かしてはいけない。
多くの文芸に人気の、3776mの名山だ。
どの位置から見てもおんなじように美しい形をしているために、八面玲瓏という表し方がよく合うと言われる。
間違いないと思う。
私が感動したのは、雪をかぶった富士山だ。

ノリノリで大声を出す君と電子レンジ
なんだかただの布は少しでも値段がする。
ひとり娘が園に1ヶ月後から通うので、きんちゃく袋のようなものがいるのなのに、しかし、思ったより縫物の為の生地が安い物がなかった。
とりわけ、固有のキャラクターものの縫物の為の生地なんて、とても高かった。
特にアンパンマンの縫物用の布がすごく高い。
指定の大きさのの入れ物をお店で購入するのが早いし、安そうだけど、農村なので、皆、母親が縫ったものだし、近くに販売していない。

ぽかぽかした金曜の昼は焼酎を

よく聞くアーティストはたくさん存在するけれど、近頃は海外の音楽ばかり選んでいた。
でも、日本国内の歌手の中で、大ファンなのがcharaだ。
charaは凄い数の曲を出している。
代表的なのは、SWEET、ミルク、VIOLET BLUEとか。
私たちの国、日本多くのミュージシャンがいるがチャラはチャラは独特の個性がキラリと見える。
日本には、海外で仕事をするミュージシャンもたくさんいるが、彼女も人気が出るような予感がある。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」「あたしを無人島に持って行って」
こんなフレーズが思いつくことに憧れる。
半分以上の曲の曲作りもしていて個人的には、感性豊かでカリスマっぽい魅力がある存在だ。
judy&maryのユキとコラボし、TOP10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、最高。
2人とも可愛かったから。
誰だって一度は思う、思われたい感じの事を、工夫してキャッチフレーズのように表現している。
キャッチフレーズコンテストなんかに入賞されそうだ。

汗をたらしてダンスする彼女と擦り切れたミサンガ
アンパンマンは、小さな子に人気の番組なのに、しかし大変攻撃的のように思う。
内容のラストは、アンパンチとばいきんまんをUFOごとぼこぼこにして終わりにすることが非常に多く思える。
こどもたちにも非常に悪影響だと私は思ってしまう。
ばいきんまんとその他が、そんなに悪いことをしていないときでもぼこぼこにして話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとどきんちゃん達を見たら、やめろと怒鳴りながらすぐに殴りかかっている。
理由を聞かない。
説き伏せるわけでもない。
ただ、ぶん殴って解決するからいつになっても変わらず改心せず、毎回いっしょだ。
想像するのだけれど原作は違うのだろうけど、テレビ受けの内容にする必要があって戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

自信を持って話す家族と夕焼け

いつも行くマーケットで買い出しをしていた。
冷食cornerポテトを探していた。
いろいろ探していたら、韓国語で書かれた箱を探し出した。
じーっとみると、韓国のおもち、トッポギだった。
昨年、明洞へ遊びに行ったときに、幾度となく韓国に旅行している友人に教えてもらったのがトッポギ。
ここ日本で冷食として、トッポギが売られているなんて、感動ものだった。

雲が多い木曜の明け方は友人と
[確実にこうで間違いない!」と、自分自身の価値観のみで他人を判断するのは悪い事ではない。
とは言っても、世の中には、人それぞれと言われるものが個人の周辺にまとわりついてくる。
これらを知ると自信を手に入れるのはGOODだけど、きつく反論するのは不要かも?と思う。
これも私の考えでしかないんだけれど。
厳しい世間になってもおかしくないかもしれない。