庭師の気合はハンパじゃない

「トルネード」のこと好き?嫌い?いろいろ思いがあるかもしれないけど、必ずしも悪いもんじゃないんじゃないかな、「オレンジジュース」は。そうじゃない?

サイトメニュー

ノリノリで熱弁する彼女と私

仕事として、日光へ向かうことが頻繁にあった。
東京から4時間ほどの場所にある日光は栃木県にあって、海に面していない県で、背の高い山に囲まれている。
もちろん、寒い時期には雪景色になり、除雪車やチェーンなど必要だ。
紅葉が始まると、東北自動車道で2泊3日で行って、行って帰って、また2泊3日という生活スタイルがとても多く、テレビなどのメディアで日光の様子が紹介されると懐かしいとさえ感じてしまう。
日光を見ずして結構というなかれという面白い表現がある位なので、一度は見てきてほしい場所だ。
ちょっとだけ紹介させてもらうと、旅行のメインはやはり日光東照宮。
あの有名な徳川家康の眠っている所で、境内の様子に驚くことだろう。
また、山奥にある日光湯元温泉。
硫黄泉とのことで、濁っていて、熱い湯。
この温泉に来ると冷えも治ると思う。
日光東照宮が建てられたときには、奥日光湯元温泉を目指してたくさんの湯治客が集まったようだ。
景色が思い浮かべられる歴史的な栃木の日光。
宿泊所の紹介も兼ね,ツアーブックに紹介されている日光へ、再び行ってみたいと思う。

余裕で走る兄さんと気の抜けたコーラ
夏休みでイベントがめちゃめちゃ増え、最近、夜間にも人通り、車の往来がとてもたくさんだ。
へんぴな所の奥まった場所なので、日ごろは、夜間、人の往来も車の行き来もそれほどないが、打ち上げ花火や灯ろう流しなどがされていて、人の往来や車の通行が大変多い。
日ごろの静寂な晩が邪魔されてわりかしうるさいことがうざいが、常日頃、にぎやかさが少ない地方がにぎやかさがでているようにうつるのもまあいいのではないか。
周辺は、街灯も存在しなくて、暗いのだが、人通り、車の通りがあって、活況があると陽気に思える。

薄暗い日曜の早朝に微笑んで

このごろ、バラエティで、マックのチキンナゲットの味をまねしたレシピというふうに流していた。
たいそう似ていそうだと感じて、嫁にしてもらったが、マクドナルドのチキンナゲットの味では決してないけれど味わい深かったです。
衣が少し違ったのだけれど、中身は、チキンといえばチキンなので、私程度では、わずかの違いはわからなくてものすごくうまかったです。

気分良く自転車をこぐ兄弟と壊れた自動販売機
動物を見るためにうんと長く歩き進まなくてはならない動物園は、夏期はとっても暑すぎて疲れる。
友達の家族と私の家族と共に行ったが、すごく蒸し暑くてしんどかった。
とっても暑いので、猿もゾウも他の動物もあまり動いていないし、奥の影にいたりで、ひどく見えなかった。
行ける機会があったら次は、建物内で日陰もある水族館などが夏はよさそうだ。
子供がもう少し大きくなったら夜間の動物園や水族館も普段と違いよさそうだ。

笑顔で自転車をこぐ子供とファミレス

ほほえみって魅力的だなーと思っているので、なるべく笑顔でいれるように心がけている。
なるべく、時と場合を見て。
でも、他人に強引に押し付けては良いとは言えない。
つまり、一括では言えないが、自身の概念として。
さっきまでシリアスな顔で一生懸命に仕事していた人が、笑顔になったその瞬間。
もう、大好き。
目じりにしわができる人がタイプ!とよく言う学生時代の友人。
気持ちも納得できるかもしれない。

騒がしく自転車をこぐ母さんとアスファルトの匂い
職場で着るスーツスカートを購入しに来た。
コムサとかフォーマルなショップも良いけれど、ギャルショップもありだと思う。
華やかで元気な女性服のショッピングビルでピタッとした服が多い。
金額は店舗によっての違いがあるのはもちろんだが、全体的にリーズナブル。
そこで、購入する物を探していたが、細身の物が多く置かれていた。
着用後、少しは都会的に見えるような気がする。
良い感じのスーツ選びが達成できて、とってもハッピーだった。

自信を持って吠える先生と冷たい肉まん

随分前、二十歳の時に、同級生と3人でお隣の国のソウルに買い物に出かけた。
初の韓国旅行で、ロッテホテルに2泊3日の滞在だった。
街中を散々歩いて、楽しんでいたけれど、途中で道に迷った。
日本語は、当然理解されないし、英語も全然通じない。
そしたら、韓国のサラリーマンが素晴らしい日本語でメインの場所を伝えてくれた。
今より若いころに大阪にて日本語の習得をしたとのこと。
おかげさまで、安全に、順調な海外の旅を続けることが可能になった。
最終日、駅で道を説明してくれたその人に偶然再会した。
「またきてね」と言われたので、私はこの国が好きになった。
いつも休みを合わせて韓国観光が恒例だ。

凍えそうな休日の明け方に冷酒を
友人のちかこは賢い。
頭が良いなーと思う。
あまり他者を裁いたりはしない。
あれ?と思っても、少しでもその人の考えも尊重する。
だから、許容範囲が広がるし、我慢強くなるのだ。
考えを譲らないよりも、この方が彼女にとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむ方法、経験を経験値にするやり方をよーく理解している。

無我夢中で体操する家族と履きつぶした靴

最近、自分の子供が運動場で楽しまない。
暑くてきついからだろうか、おもちゃがとっても楽しいからか。
ある程度前までは、めちゃめちゃいつもの広場に行きたがっていたのに、ここ最近は、全然行きたがらない。
まあ、父だと、現在困ることもなく、気にしないが、だが妻はちょびっとでも困っている。
けれど、暑すぎる場所で遊ばせるのも心配だ。

雲が多い平日の明け方に想い出に浸る
昔、社員として多くの人に囲まれて雇われていた。
だけど、3年が経過すると、仲間と共に仕事をするのが無理だと実感した。
働く時間が長く、何名かで進めるので、仕方のない事だが、噂話が多い。
噂話を楽しめればじょうずになっていけるのかもしれない。
何を聞いても、別にいいじゃんとしか思えない運命なのだ。
その上、ペースが遅い人に合わせるという辛抱ができない、早い人に合わせられない。
そもそも努力不足!と思うだろうが、父には運命なのだと言われた。